日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

2017年07月の記事

好きか嫌いか言う時間(痴漢冤罪編)



 こんにちは☀

 相変わらず暑い日が続いてますね✨☀✨

 梅雨は明けたんじゃないかと勘違いしますね💧


 さて、今日は最近の話題と言うことで、先日放送された興味深い番組についてです😉

 毎週月曜日にTBS系列で放送されている『好きか嫌いか言う時間』と言う番組で、痴漢冤罪について取り上げていました📺❇

 そこで議論されたのが、痴漢の取り締まり方についてで、見直すべきか現状維持かを討論しました🔨✨

 現状維持派には、元参議院議員の田嶋陽子さん、犯罪ジャーナリストの小川泰平さん、AKB48の峯岸みなみさんの3人👤👤👤

 一方の見直す派には、弁護士の北村晴男さん、痴漢冤罪被害者の矢田部孝司さん、痴漢冤罪のスペシャリストの今村核弁護士の3人👤👤👤
 

 因みに、冤罪被害者の矢田部さんは、2007年に公開された周防正行監督の映画『それでもボクはやってない』のモデルになった人です😲😲

 
 まずは、矢田部さんの事件を振り返ります💨💨

 時計の針は、2000年12月5日まで遡ります⏰✨

 ホント、ボクもそうですが、パクられた日って絶対に忘れないんですよね‼‼(笑)

 この日矢田部さん(当時37歳)は、いつものように通勤電車に揺られていて、乗り換えの為に駅を降りてホームを歩いていると、突然見知らぬ女性から『駅員さん❗こいつ痴漢❗』と指を指されてしまいました😣😣

 当然矢田部さんは全く見に覚えがなかったのですが、朝の通勤ラッシュで沢山の人が居る為、周りから白い目で見られるのと、どこに会社の人が居るか分からないと思い、自分から駅員室へ行ったそうです😫😫

 今思うとこれが大きな間違いだったと言います😥😥😥

 当時は、『朝から痴漢呼ばわりしやがって❗』と憤りの方が大きく、むしろ出るとこ出てやると言う気持ちで駅員室に行ったそうです❗

 そりゃそうですよね⁉


 そして、自らの身の潔白を証明する為、駅員室へ行くと直ぐに駅員が110番通報をして、『とりあえず隣の交番で話して下さい』と言われて、憤懣やる方ない思いで交番に行ったそうです🚨

 この時は、警察にきちんと事情を話せば分かってもらえる、と思っていた為むしろ勇んで交番に行ったそうです🏃🏃👍

 ところが、そこから思いもよらない展開が待っていました💦💦💦

 何とそこで警察官に『お前ズボンのチャックを下ろして陰部を握らせたんだってな‼』と言われたそうです😨😨😨

 唖然とする中矢田部さんは、『チャック⁉ズボンはチャックじゃなくてボタンですよ❗何言ってるんですか⁉』と反論するも全くこちらの言い分は聞いてもらえなかったそうです😫😫

 
 その後、まさかまさか逮捕されてしまいました🚨🚨

 取り調べは威圧的で、女性の言い分優先で進められ、矢田部さんの主張は全く聞いてもらえなかったそうです👂😢💦

 逮捕当時矢田部さんは、1年前に家を購入したばかりでローンが35年も残っていました💴💴💨

 お子さんも2人居て、小学生に入ったばかりの子ともう一人は保育園に行っていたそうです😅💦

 そんな中、非情にも会社は起訴された途端手のひらを返し、何と矢田部さんをクビにしました😱😱😱

 ですから、矢田部さんとしてはパクられちゃって身柄を拘束され、更には仕事もクビになりどうしたらいいか路頭に迷いました😲😲

 正に泣きっ面に蜂とはこの事です😣😣😣


 そして、矢田部さんは全面的に争うことを決意し、徹底的に裁判を戦いました❗

 ところが、一審判決は何と懲役1年2ヶ月の実刑判決でした💨💨

 執行猶予ではなく一発実刑です😱😱

 これはかなり重い判決です😭😭

 
 一審では、被害者の供述の矛盾を突く作戦だったそうですが、その主張が認められなかった為、二審の控訴審ではその主張を改め、犯人を見間違えていると言う主張に変更しました❗

 すると、控訴審ではその主張が認められ、見事に逆転無罪を勝ち取りました‼‼

 しかしながら、ここまで来るのに掛かった時間は2年、600万円もの裁判費用が掛かりました😵😣💧

 矢田部さんとしては、逆転無罪を勝ち取ってもちっとも嬉しくなかったそうです😒😒

 逮捕された当日にも戻ってない感じで、素直に喜べなかったと言います💦💨

 つくづく仰る通りですね‼


 こう言った経験を踏まえて、それぞれ議論が始まりました💡💡

 色々な問題点が議論される中、最終的にはここに行き着きました✨

 それは、『痴漢に間違われたらどうすべきか⁉』と言うことです‼
 
 皆さんもそこが一番聞きたい所だと思います😄😄

 
 そうした時、見直し派の3人の意見は大変考えさせられるものでした❗

 まず、痴漢冤罪被害者の矢田部さんは、

 『逃げればいい』
 
 と言います💡💡

 それは、逃げなかったからこそ、こんなにも失ったモノが大きいからでしょう💧💧

 本人も、『無罪になったのは奇跡』だと言っていたように、無実であっても無罪になるとは限らない、と言う刑事裁判の現実がありますからね😨😨


 一方、痴漢冤罪のスペシャリストである今村弁護士は、『厳しいけど戦うしかない』と言います‼

 加えて、司会の坂上忍さんが、『例えば、矢田部さんのようにやってないのに痴漢に間違われたらどう対処すべきですか⁉』と訊くと、

 『答えはないんですね…。』

 とも言っていました😣😣

 これはこれで正解であるとボクは思います😥


 一方で、北村弁護士の意見は非常に考えさせるものでした💡💡

 『あなたには二つの選択肢があります。やってないんだったら徹底的に争って無罪を勝ち取りましょう。しかしこれにはリスクがあります。費用もスゴく掛かるけど、場合によっては何年も勾留された上に無罪にならないかもしれない。もう1つの選択肢があります。あなたはやってないけれども、被害者とされる女性と示談をして、例えば30万とか50万とかの解決金を払って解決する道もあります。これは自分はどちらにして下さいとは言えません。もの凄いイバラの道を選ぶのか、それとも今お金を払って仕事を継続するのかはあなたが選択して下さい。どちらにしてもこちらは一生懸命やりますが、結果は保証出来ませんとしか言えない現状がある。』

 と言います‼

 つまり、『結果が保証出来ないイバラの道を選ぶか、悔しいけどお金を払って示談するか』だと言うことです💦💦

 この意見を聞いた時、坂上忍さんは苦痛の表情を浮かべながら、『これ、でも究極の二択じゃないですか⁉』と言っていて、ホントにその通りなんですよね‼

 正に究極の二択なんです😭😭😭

 
 と言うように、三者三様の見解でした💨💨💨

 ボクは、矢田部さんの意見に賛成で、やはりパクられた苦労及び苦悩を知っている者は、身柄を拘束されない事を真っ先に考えますからね😲😲

 万が一逃げたけど捕まってしまったら、ボクは今村弁護士と同じように徹底的に戦いますね😡😡😡

 まぁ、ボクは絶対に逃げ切れる自信はありますけどね😄😄


 さて、皆さんなら、もし痴漢に間違われたらどの選択肢をチョイスしますか⁉

 逃げますか⁉

 徹底的に戦いますか⁉

 やってないけれども、家族や仕事の事を考えて示談しますか⁉

 それを決めるのはあなた自身です😲😨😱


 今日はそんなお話でした✏✨

 さて、明日は都合によりお休みするので、来週またお会いしましょう👍

 それでは、皆さん楽しい三連休をお過ごし下さい😆☀😋



 
 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)