日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

訴訟手続きの法令違反。

人気ブログランキングバナー



 (大変恐縮ですが、両方のクリックをして頂けるとありがたかったりします。)


 予め断っておきますが、今日の内容はかなり法律的な話になりますので、どうぞお付き合い下さいませ 

 
 意外にも、〝佳苗ちゃん〟控訴審の主任弁護人が強力な人で、ボク自身大変ビックリしたのは前回お伝えした通りです

 この、神山弁護人が起立して、控訴趣意書を読み上げて行ったのですが、これがまたメチャメチャ〝声が甲高い〟(笑)
 
 多分、あの法廷に居た全員が、ボクと同じ印象を抱いたでしょう(笑)

 ボクが、〝おぉっと凄さを感じたのは声の高さではなく、その読み上げている内容でした

 
 弁護人の控訴の趣意は二点あって、一点目が訴訟手続きの法令違反、もう一点が事実誤認の主張でした。

 
 一点目の訴訟手続きの法令違反の主張は、詳細に書くとひっちゃかめっちゃかになってしまうので、簡単に要点を述べます

 これは、〝佳苗ちゃん〟が起訴されてもいない事件を、有罪認定の根拠とされるのはおかしいと言う主張です。

 意味分かりますか(笑)

 どうやら、彼女は何度も逮捕されているのですが、その内幾つかの事件は起訴されていないんです。

 詰まり、逮捕はされたけれども裁判になっていない、と言う意味です

 きっと、不起訴になったのでしょう

 にも拘わらず、一審判決はその起訴されてもいない事件を、他の起訴された事件の有罪認定の根拠としたのです。

 「他にも似たような事件を起こしているのだから、この事件も佳苗ちゃんがやったと推認出来る。」

 って言う、論法です。

 要するに、裁判と言う〝俎上〟に上がってもいない事件を、他の事件の有罪認定の根拠にするのはおかしいでしょっ、と言っているのです

 確かに、これは極めて仰る通りで、裁判と言う〝俎上〟にも上がっていない事件を、他の起訴された事件の有罪認定の根拠とされたらたまったもんではありません…。

 これでは、ある事実を認定する際に、他の〝起訴されていない〟事件と比較されてしまっては、極めて被告人にとって不利です

 仮に、起訴された事件同士とを比較して、有罪認定の根拠とするのならそれはむしろ自然でしょう。

 しかし、起訴されていない、詰まり裁判と言う同じフィールドに上がっていない事件を、裁判と言うフィールドに上がっている事件と比較するのは、どう考えたって〝ズルイ〟と思いませんか

 ズルイのは、女だけでいいでしょう。(笑)(シャ乱Q)

 極端な例えだと、昔やんちゃしていた人間が起訴されて否認していたら、「昔、あんたはやんちゃしてたんだから、今回はやってるでしょう。」と、言われる様なものです

 でも、悲しいかな、裁判所はホントに狡猾なので、起訴されていなくても同じような事件で逮捕されているだけで、

 「起訴されなかっただけで、そもそも逮捕される事自体がおかしいんだから犯人はあなたでしょう。」

 って言う、論法で事実認定をするのが現状です…

 
 実は、この弁護人の主張、ボクはもの凄く骨身に沁みて分かるんです

 何故なら、ボクも一審判決は起訴されてもいない事件を、有罪認定の根拠とされたからです

 ボクの事件の詳細は、まだお話ししていませんが簡単に説明すると、ボクは今回〝二回〟逮捕されたのです

 その内、最初の事件は結局不起訴(事実上の無罪)になり、再逮捕されたもう一つの事件だけ起訴されたのです

 詰まり、ボクの裁判は二回逮捕はされましたが、一つの事件についてだけ有罪か無罪かを争っていた訳です。

 ところが、一審判決は何と起訴されなかった最初の事件を持ち出して、

 「被告人は、別の同種事件でも逮捕されており…」

 とかなんとか言って、「さも別の事件もやってるんだから今回もあんたでしょう」って言う、実に愚劣極まりない牽強付会で有罪認定の根拠の一つとしたのです

 ボクは、一審判決後改めて判決文を読んだ時、〝うわっ、汚っねぇと何とも表現し難い悔しさがありました

 だってそうでしょう

 起訴されていない、詰まり裁判と言う〝俎上〟にも上がってない事件が、何で他の事件の有罪認定の根拠の一つとなるんですか

 おかしいと思いませんか

 俎上、すなわち〝まな板〟の上に材料(事件)があれば、料理人(裁判官)は調理(判決)するのは可能、と言うか最早義務でしょう。

 しかし、ボクの最初の事件はその〝まな板〟に材料すら上がっていないのに、何で調理できるのでしょうか

 料理人は、材料が無いのに一体どうやって料理を作れと言うのでしょうか。

 と、言うのと全く同じ論理なんです

 にも拘わらず、ボクの一審判決は〝まな板〟に材料がないのに、勝手に料理が作られてしまったのです

 
 これと同じ事を、〝佳苗ちゃん〟も主張しているのです

 
 ホント、裁判所ってズルイと言うか汚いと思いませんか

 もう、裁判所は有罪だとの心証を持ったら、一般的に考えても〝それは有り得ないだろう〟と言う、とんでもない論理をこじつけて来ます


 ボクは、この点は自分の控訴趣意書では殊更強調しませんでした…。

 何故かと言うと、この訴訟手続きの法令違反よりも、断然事実誤認の方が重要だったからです

 と、言うか、こういう法律論は余り裁判所は聞く耳を持ってくれないのが現状なので、ボクはこの点はそれ程チカラは入れませんでした


 しかし、〝佳苗ちゃん〟弁護団はこの点もしっかりと押さえていたので、実に素晴らしいなと感嘆しました

 やはり、そういう弁護人ならではの視点で、キッチリと控訴趣意書に組み込んでいるのは流石だな、と。

 この点の朗読を、約10分位した後、神山弁護人はもう一点の事実誤認の主張の朗読を始めました…。


 次回は、控訴趣意書のメインディッシュである、事実誤認の主張についてお話しします