日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

祝!刑事補償請求確定!

人気ブログランキングバナー





 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います。)


 こんにちは

 本日も、春らしい陽気の中、新しい一週間の始まりです

 皆さん、張り切って行きましょう


 先週は、異議申立書を持って、車で裁判所へと向かったお話をしましたね

 つくづく、情報と言うのは(東京地裁に駐車場があること)、知るか知らないかで雲泥の差が出るのだなと痛感しましたね


 さて、今日は裁判所から貰った書式を基に、『刑事補償金払渡請求書』と『確定証明書交付申請書』を作成したお話です

 ボクは、4月25日(金)に裁判所に行った際に、貰った書式を作成し始めました


 あっ、全然余談ですが、4月25日に裁判所に行った後、予定通り〝ラーメン二郎三田本店〟に行って〝小豚、野菜、辛め、アブラ増し〟を堪能して来ました

 相変わらず、独特の味で、とっても美味しかったですが、以前よりは美味しくなかった気がしました…

 是非、今度ボクと車で東京地裁に裁判を傍聴に行った後に、ラーメン二郎三田本店に行くツアーをやりましょう(笑)


 話は戻って、ボクはその週の土曜日にこれらの書面を作成しました

 正直、面倒臭いなと思いましたが、補償金の為だから仕方ない、と自分を鼓舞して納得させていました(笑)

 書面を作成、と言っても、これまでの様に自分で考えて文章を作成するのとは違い、版下をそのまま作るだけだったので、実に簡単かつ短時間で仕上がりました

 
 それがこちら

 ※スマホの方は、画像を何回かタップしてもらうと大きく表示されます

 
 刑事補償金払渡請求書


 確定証明書交付申請書


 
 そして、週明けの4月28日に、これらの書類を持って再び裁判所へと向かいました

 因みに、この時は電車でした(笑)

 流石に、ラーメン二郎は食べる気になりませんでした…


 三日と開けず、東京高裁第四刑事部に行くと、流石にもう顔なじみとは言わないまでも、〝顔パス〟で通る位になっていて、ボクが入るなり〝あっ、あの件ね〟という感じで書記官達も対応していました。(笑)

 この日は、担当書記官のムラさんはお休みだったので、書記官の中の一番偉い方が担当してくれました

 『内田ですけど…。』

 と、言うと、ムラさんがきちんと引き継いでいたらしく、

 『確定証明の件ですね

 と、訊いて来たので、

 『そうです。』

 と、言いながら、作成した書類を渡すと、

 『では、少々お待ち下さい。』

 と、言われ、備え付けの椅子に座って待っていると、何と、またまた東京高裁第四刑事部の河合健司裁判長と出くわしました

 カウンターの奥のドアから出て来て、椅子に座っているボクと明らかに目が合いましたが、直ぐに逸らし外へと出て行きました

 ボクもボクで、逆転無罪判決から刑事補償請求に至るまで、担当した裁判長だと言うのは充分に分かっているのですが、気軽に〝逆転無罪ありがとうございました〟なんて言えないんですよね…

 ボクの性格を知っている方なら、普段どんな状況にも臆さず行けるのに、自分の事件を担当した裁判長を目の前にすると、何か緊張しちゃってね…

 気軽に声を掛けれませんでした…

 でも、今度会った時は、絶対に一言お礼を言おうと思っています


 そうこうしている内に、河合裁判長は戻って来ましたが、またしても声は掛けられずそのままやり過ごしました

 その後、直ぐに書記官が戻って来て、

 『では、これが確定証明書になります。』

 と、言って一枚の紙を渡してくれました

 それがこちら


 確定証明書


 因みに、この書面は裁判所のトイレで、便座の蓋の上に置いて撮影しました(笑)


 『この書類と、刑事補償請求の決定文と刑事補償金払渡請求書を持って、17階の会計に行って下さい。』

 と、言われ、ボクは場所を訊いて、17階へと向かいました


 場所的には、丁度東京高裁第四刑事部の二階分真上の場所で、入ると同じくカウンターが置いてあり、普通のオフィスの様に机が並べられていました

 ホント、区役所と変わりありません。

 って、裁判所も一つのお役所ですからね…


 ボクは、入って右手のカウンターに行くと、担当者が出て来たので用件を伝えると、

 『では、書類をお願いします。』

 と、言われ、『刑事補償請求決定文』『確定証明書』『刑事補償金払渡請求書』の三点を渡すと、

 『少々お待ち下さい。』

 と、言われ備え付けの椅子に腰を掛けました。

 普段滅多に来ない場所故に、辺りを見回すと、たいした物は無く、ただ単に17階と言う高層階から見える景色が素晴らしかっただけでした

 
 待つこと5分、担当者が戻って来て、

 『では、こちらにお振込み口座の記入をお願いします。』

 と、言われ記入しながら、ボクはこの日一番訊きたかった言葉を口にしました


 それは…

 
 『補償金の支払いってどの位時間が掛かるんですか


 
 すると…


 『そうですねぇ~、今混んでるので一ヶ月前後ですかね…』

 
 と、ボクの期待を裏切る答えが返って来ました…

 ボクとしては、GWの連休後半前に振り込んで貰えれば良いかな、と言う希望的観測だったので、かな~りショックでした

 ボクは、ダメ元で、

 『もうちょっと、早くならないですか

 と、訊いてみるものの、

 『そうですね、やはり一ヶ月は掛かってしまいますね…。』

 との、予想通りの返答でした…

 全く、こういう時に限って予想は的中するんですよね…(笑)


 従って、4月28日に手続きをしているので、どんなに早くても5月末にならないと、補償金は振り込まれないのです

 ボクの当初の計画は、ものの見事に頓挫してしまいました…


 とは言え、とりあえず一ヶ月待てばやっとこさ補償金が入って来るので、気長に待ちましょう

 ってか、待つしかない(笑)


 現在も、まだ振り込まれていませんが、振り込みがあり次第、ブログでご報告しますね


 では、本日はこの辺で


 明日は、異議申し立ての結果についてお話しします