日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

お正月。


 おはようございます

 今日は、天気予報とは裏腹に晴れましたね

 全く、8月が終わってから晴れるんですから皮肉なものですね


 昨日は、彼女が非常に楽しみにしていた誕生会についてお話ししましたね

 揚げアンドーナツに付いている、砂糖の塊を、指に唾を付けて拾って食べる執念には驚かされましたね

 あっ、勿論テーブルに落ちた物で、床に落ちた物を拾って食べていた訳ではありませんよ(笑)

 とはいえ、凄い執念ですよね


 さて、今日も食べ物の話ですが、今日は一年の中で一番豪勢なあのイベントについてのお話です


 内 『そういえば、お正月はどうだったの

 X 『もう、札幌メチャメチャ凄かったよ

 内 『ほうほうほう。』

 X 『数えきれない位のお菓子が出たよ。みんなファミリーパックで来るからさ。』

 内 『食べきれない位のお菓子が出たの

 X 『そう。で、おしるこが出てさ、いつもはパンの時に出て、そこに超がっついてたんだけど、この時ばかりは〝もういいよ〟って、なってた。(笑)』

 内 『おしるこは何回出たの

 X 『二回位かな。』

 内 『因みに、札幌でもおしるこのこと〝甘シャリ〟って、言ってた

 X 『言ってた言ってた。』

 内 『やっぱりそうなんだ。』


 X 『大みそかは、12時まで起きれるじゃん。それが良かったね。』

 内 『紅白か。紅白は楽しみだった

 X 『楽しみだったね。』

 内 『ってか、テレビは自由チャンネルだから、別に無理して紅白を観なくても良いんでしょう

 X 『そうそう。』

 内 『じゃあ、紅白じゃなくて、ガキの使いの笑ってはいけない24時でも良いんだ

 X 『そうそう。紅白はオバちゃんが観たがって、若い人は紅白に余り興味ないんだよね。』

 内 『確かにね。で、結局紅白は観たの

 X 『確か、違う番組だったような気がする。』


 内 『おせちはどうだった

 X 『何か折詰弁当に入って来たよ。』

 内 『豪勢だった

 X 『豪勢だったよ。普段食べられない物が食べれたからね。』

 内 『おせちは、三日間以内に食べなきゃいけないいでしょう美味しかった

 X 『うん。一日で食べちゃった。(笑)』

 内 『早っ(笑)』


 内 『お正月で印象に残っている事は

 X 『量とね、あっ、後トランプが借りれて、お菓子を賭けて、飴とかも出るからそれを賭けてトランプをしてたね。』

 内 『へぇ、トランプが借りれるんだ。因みに、トランプで何をやるの大貧民とか

 X 『あっ、やったね。後、神経衰弱とかババ抜きとかかな。』

 内 『トランプは、三が日が終ったら返却するんだ

 X 『そうそう。』

 内 『因みに、三が日は〝銀シャリ(白米)〟でしょう

 X 『そうそう。』

 内 『ちゃんと食べた

 X 『それがさ、お菓子を食べまくってて全然食べれなかったの。』

 内 『あらま、勿体無いね…。』


 以前、ボクの〝小菅ヒルズ〟の話の中で、お正月について触れましたが、それと同じく札幌刑務所も、と、言うよりも全国の刑務所が、年末年始は大変豪勢になります

 札幌も勿論、ご多分に漏れず大変豪勢だったと言います


 普段は、パンの時に、たまにしか出ない〝甘シャリ〟こと、おしるこが恋しかったのに、お正月は何回か出たそうで、全然恋しくなくなっちゃったそうです

 この原因は、何より食欲が満たされているからです

 例えるなら、風俗で一発抜いた後、吉原のソープに行こうとは思わないのと一緒です(笑)

 少し間が空けば、行きたいとなるのでしょうが、立て続けに風俗に行かないのと同じで、甘シャリが連ちゃんで出てはその価値も薄れてしまいます

 恐らく、お正月時の彼女なら、揚げアンドーナツの砂糖の塊は拾わないでしょう(笑)


 また、おおみそかと言ったら、刑務所では紅白が観れて、この日だけは一年で一回だけ、21時消灯が24時消灯になります

 しかし、彼女の居た札幌では、テレビは自由チャンネルが故に、無理して紅白は観なかったそうです

 チャンネルが自由じゃなければ、嫌でも紅白を観ざるを得なかったのでしょうが、自由だったので、紅白を観たい人と、観たくない人とで別れたそうです

 全く、刑務所では非常に贅沢な悩みです


 それと、おせち料理に関しても、やはり豪勢だったそうで、三が日以内にゆっくり食べればいいものを、彼女は何と一日で食べちゃったそうです(笑)

 実に計画性がありませんね(笑)

 ボクが、ヒルズで食べた時は、三日間掛けてゆっくり食べましたよ


 それと、トランプが借りれたと言うのはオドロキでしたね

 多分、こんなにも活用されて、さぞかしトランプも喜んでいることでしょう(笑)

 
 ってか、皆さん最近トランプやりました

 あっ、裏カジノで、バカラやポーカーやブラックジャックをやっている人は除いて(笑)

 ババ抜きや、神経衰弱なんて久しくやってないんじゃないでしょうか

 特に、小さい子供は、DSだの妖怪ウォッチだのが大流行で、トランプなんて日陰の存在です

 しかし、52枚の彼らが今でも光り輝けるのが、札幌刑務所でのお正月です(笑)

 何だか、札幌刑務所のトランプは、余りの嬉しさに、絵札はみんな笑顔だったそうです(笑)


 因みに、ボクはトランプではなくオセロでしたが、この時にお菓子を賭けたトランプは、大変盛り上がります

 ある意味、お金を賭けるよりもハラハラドキドキします

 だって、刑務所じゃお金より大事な、とても大事な食べ物、それも滅多に出ないお菓子を賭けての勝負なんですから(笑)

 とはいえ、本来は賭け事は禁止ですが、そんなのは幾らでも誤魔化せますからね


 因みに、当然ながら三が日は麦飯ではなく、銀シャリが出ますが、ホント贅沢に彼女はお菓子を食べまくって、一年の内にこの三日間しか出ない純粋な白米を、全然食べれなかったそうです

 これも、食欲が満たされているからです

 言っても仕方のない事ですが、年末年始に一気に出るのではなく、分散して出て欲しいですよね


 と、まあ彼女にとっても、他の受刑者にとっても、一年の内で唯一食欲が満たされる瞬間でした


 明日は、毎月恒例の判決月命日についてお話しする予定です

 



人気ブログランキングバナー





 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)