日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

美人ホステスは、一体どんな処遇なの?



 こんにちは

 今日は、昨日の天気が嘘のような快晴ですね

 天気予報は外れましたが、それはそれで良かったですね


 昨日は、美人ホステス殺人事件の背景をお話しました

 まさかまさか、その美貌は実はオトコだったと言う真実でした

 とはいえ、性別もオンナに変更しているようですし、着エロの写真を見る限り、〝竿と玉〟は切除しているように見えます

 ですから、事実上はオンナですよね


 さて、今日は、この話題を敷衍してお話します

 昨日、たまたまボクのブログを観た直紀先輩から、〝拘置所での扱いはどうなるのとのコメントがあったので、その点についてお話します


 まず、前提としては、菊池容疑者は性別変更しているものとしてお話します

 つまり、法律的にはオンナだという事です

 元々はオトコですが、性転換をしてオンナにしている場合、留置場や拘置所での処遇はどうなるのか


 この場合の処遇は〝女性〟として扱われます


 ですから、元々が女性と言うのも変ですが、普通の女性と同じ扱いだということです

 その証拠に、彼女が送検される時の映像で、湾岸署から送検される様子が写っていました

 実は、湾岸署は、女性専用の留置場が設置してあるのです

 東京23区では、湾岸警察署、原宿警察署、西が丘分室の三ヶ所にしか女性の留置場は設置されていないのです

 これは、以前お話した、シャブ中のXさんの時にも触れましたね

 ですから、例えば池袋で女性が事件を起こしても、池袋署には女性の留置場がないので、地理的に西が丘分室に留置され、そこにデカが取り調べに出向くのです

 今回の事件の担当は、警視庁中央署です

 しかし、中央署には女性の留置場がないので、地理的に湾岸署に留置されたのです


 では、湾岸署ではどんな処遇を受けているのかというと、間違いなく女性の留置場に居ますが、彼女は元々オトコなので、恐らく独居だと思います

 特殊な〝オンナ〟なので、他の女性とは一緒にしないと思うんですよね

 だって、いくら身も心も女性とは言え、腫れ物に触るような感じになりますからね


 でも、もしかしたら、他の女性と同じにするかも知れません

 と、言うのは、留置場では毎日回覧の新聞が閲覧出来るのですが、そこの記事に、同じ留置場に居る人の記事は切り抜かれるか、黒塗りにされるのです

 これは、プライバシー保護の観点と、施設に悪影響を及ぼさない為に、留置者に見せないようにしているのです

 ですから、間違いなく菊池選手の事件は、切り抜かれているか、黒塗りにされているので、〝先輩〟達は菊池選手がどんな事件を起こしたとか、元はオトコだなんて分からないのです

 菊池選手が自分でカミングアウトしない限りは

 それに、あの美貌なので、パッと見はイイ女ですから、何も言わなければまずオンナですからね

 つまり、湾岸署の諸先輩方は、美人ホステス殺人事件の存在すら知らないということです

 ですが、面会者や週刊誌等からの情報で、事件を知ることは否定できません

 
 でも、菊池選手はオトコだから生理が来ないので、本人が言わなくても生理が来ないことを根拠に、不審に思う人も居るかも知れません

 その時は、〝生理不順だから〟と言えば良いのか…


 と、行ったり来たりで申し訳ないですが、これはそもそも警察の留置場には独居という概念がないからなんです

 独居であれば、いつ生理なのかなんて分からないですから

 とは言え、少なくとも菊池選手は、女性の留置場に勾留されています



 では、今後菊池選手は、間違いなく起訴されて、身柄は〝小菅ヒルズ〟に移され、後に刑務所へとアカ落ちします

 そこでの処遇はどうなるのでしょうか

 
 それは、拘置所、刑務所でも女性として処遇されます

 
 ですから、小菅ヒルズでも女性の棟に入れられ、更には間違いなく独居房でしょう

 刑務所も、女子刑務所に行きます

 そこでも、恐らくは独居房でしょう


 この根拠は、やはり法律的にも戸籍が女性になっているからです

 戸籍が女性になっているのに、男性として処遇を受けたら、それこそ人権問題でしょう

 逆に、元々女性なのに、男性として処遇を受けたら、それこそ大問題ですよね

 それと同じです


 仮に、もし菊池選手が、戸籍が男性のままだったとしたらどうなるのか

 
 この場合も、女性として処遇されます

 
 何故なら、戸籍云々の前に、明らかに見た目がオンナだからです

 だって、戸籍が男性か女性かなんて、同房者に証明する必要がないじゃないですか

 
 それに、もし菊池選手が男性の舎房に入れられ、更には雑居房に入れられたら、間違いなく性処理に使われるでしょう

 だって、元は男性とは言え、この美貌ですよ


 菊池あずは


 こんなのが、セックスに飢えている男性の雑居房に入れられたら、間違いなく犯されるでしょう

 そう言った、風紀の乱れや、秩序の安定を第一に考えるのが拘置所や刑務所ですから、100歩譲って男性として処遇を受けたとしても、間違いなく独居房ですね

 とはいえ、独居房だとしても、面会や入浴時に廊下を歩いた際に、かなり目立つ為、舎房は相当ざわつくと思うので、100歩譲っても男性の舎房に入れられることはないです


 そして、いずれ行くであろう刑務所も、男子刑務所ではなく女子刑務所ですね

 そこでも、まず風紀の乱れを防ぐ為に、独居房だと思います

 独居房である以上、前述の生理を理由に、他の同房者から不審に思われることはないのですから

 換言すると、菊池選手を独居房に入れておくのが、一番波風が立たないという事です


 最後に、本日の話をまとめると、


 ① 菊池選手は女性の留置場に入れられる。

 ② 恐らく、留置場でも独居。

 ③ 仮に雑居でも、菊池選手自身がカミングアウトしない限りは、基本的には事件のことや男性であることは発覚しない。

 ④ 小菅ヒルズでは、女子の棟に入れられる。

 ⑤ ヒルズでも、恐らく独居。

 ⑥ 刑務所は、女子刑務所にアカオチ。

 ⑦ そこでも、恐らく独居。

 ⑧ 一言で言えば、菊池選手は普通の女性として処遇される。



 と、言うことですので、菊池選手の処遇を心配している方は、どうぞご安心下さい


 さて、来週は、毎月恒例のテーマをお話する予定です


 それでは、良い週末を 



 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)