日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

新型痴漢って一体何⁉



 おはようございます\(・o・)/

 今日も、清々しい天気ですね☀

 どうやら、今週は雨は降らないみたいなので何よりですね😄😄

 
 昨日は、裁判員経験者のお話を紹介しました✒

 ホント、いつ何時冤罪に巻き込まれるか分からないですよね😖

 くれぐれも、緊急事態になった時は、ボクのblogを思い出して下さいね😃💡



 さて、今日も、最近の話題をお話します✒

 先日、ネットの記事に興味深い内容があったので紹介したいと思います❗

 まずは、こちらをご覧下さい👀


 「新型痴漢」で満員電車の痴漢冤罪リスクが増加。対策は?


 架線トラブルが頻発し、しばしばダイヤが乱れる首都圏の主要路線。
 安全神話の代名詞だった新幹線も西に東にトラブル続き。
 今、鉄道に何が起こっているのか?

 車両への防犯カメラの設置などが進んでも、いまだに減らない痴漢事件。
 警視庁の迷惑防止条例違反(卑わい行為)の件数は、ここ数年2000件前後で推移中だ。

 「痴漢行為が目立つのは埼京線、山手線や、小田急線などの混雑区間。特に『カーブが多い区間』『駅間が長い区間』で多発します」

 そう話すのは東京ディフェンダー法律事務所の坂根真也弁護士。
 なお近年は痴漢問題の報道も増え、乗客が率先して嫌疑者を捕まえる例が目立つそう。
 
 また最近は、電車の揺れに合わせて体を接触させる・匂いをかぐ等の行為をメディアが新型痴漢と命名。
 「念のため通報を」という論調もある。
 そこでリスクが増したのは痴漢冤罪だ。

 「冤罪主張者の大半は『まさか自分が巻き込まれるとは』と話します。疑われた際は多くの人が動揺するので、女性との位置関係などを正確に思い出せない・説明できない例も目立ちます。反証もなく否認を続ければ、身柄を拘束されることも多く(最長23日)、起訴されれば99%は有罪。会社を長く休めば職を失うこともあるでしょう」

 疑われたくなければ「女性の後ろに立たない」「立ってしまったら手を上げる」などの対策が必要だ。

 「疑われてしまったら状況を記憶し、毅然と対応を。裁判で戦う場合も示談を目指す場合も、取り調べでの対応を間違えれば取り返しのつかいない事態になりますので、早く弁護士を呼ぶのが大切です」

 またカメラの発達で盗撮事件は増加。スマホを持って階段を上がっていて盗撮を疑われる例もある。

 「ただ画像という証拠が残るものなので、冤罪で起訴までされる可能性を心配するよりも注意すべきは歩きスマホです。歩きスマホ中に人とぶつかり、ケンカになって裁判沙汰にまでなる事件が最近増えています」

 駅、車内にはあらゆる冤罪のリスクがあると注意すべきだろう。



 と言う内容で、どうやら“新型痴漢”なるものが横行しているそうです💦💦💦

 電車の揺れに合わせて、体を密着させたり、匂いを嗅いだりするのが新型痴漢の定義だそうです💨💨💨

 全く痴漢に興味のないボクからすると、一体そんな事をして何になるんだと言う思いに駆られるのですが、どうなんでしょうかね⁉😒😒

 って、殆どの人が痴漢なんて興味ないですよね😁(笑)

 あくまでも、“妄想”と言う名のバーチャルなら興味はあれど、リアルにそれを実行しようとまでは普通は思いませんよね⁉

 しかし、痴漢常習者は、そのタガが外れて実行してしまうから非常にやっかいなんですよね😅💦


 今回の“新型痴漢”ですが、手を使って直接お尻を触ったりしている訳ではないので、すぐさま“この人痴漢です❗”と言う線引きが難しいですよね😅💨💨

 女性側も、単なるカーブの揺れで故意ではなく触れただけなのか、と躊躇しますよね💦💦

 勿論、明らかに体を密着してくるなと感じたら、それは故意の可能性が高いですが、とはいえ手で直接的に触られている訳ではないので、一体どっちなんだと思いますよね😵

 しかし、この場合でも、ホントに故意で触れている訳でもないのに、過敏に反応してしまう女性が居ることも確かなのです😒😒
 
 こういう人が、“この人痴漢です❗”と騒ぎだしたらとても厄介なのです❗

 ある意味、自分は間違ってないと強い信念で主張しますから、極めて面倒臭いのです💨💨

 昨日のお話でも登場した、大変意味不明な人が居るのも現実なので、そういう人に巻き込まれたくはないですよね😓😓

 
 逆転無罪経験者のボクとしては、疑いをかけられてもキッチリと反証する自信はありますが、出来る事ならそんな無意味な争いは避けたいものです❗

 そこで、ボクが実践している電車内の行動をお話します😄😄

 ボクは、仕事の関係でほぼ毎日埼京線に乗ります🚃💨

 余談ですが、埼京線は去年26年振りE233系7000番台と言う新型車両を導入しました👍

 これまでは、山手線のお古を使用していた埼京線が、初めて自らの車両を導入したのです⤴⤴

 これは非常に画期的な事です✨✨😄

 因みに、これまで使用していた205系は、一編成だけ現在も走っていて、残りの車両はインドネシアに輸出して、新天地で走っています🚃💨

 と、大分話が逸れましたね😁(笑)


 で、前述の記事にもあった通り、痴漢が多い路線として有名な埼京線ですが、その理由の一つに一駅区間の長さと言う事実があります❗
 
 各駅停車は別ですが、通勤快速になると、赤羽から武蔵浦和まで駅を5つ飛ばし、武蔵浦和から大宮までは4つの駅を飛ばします💨💨

 そうすれば、必然的に次の駅まの到着時間が長くなりますよね💦💦

 そこを痴漢達は狙っているのです😒😒

 ボクが電車に乗る時は、時間帯にもよりますが、混む時は半端じゃない混みようです❗

 ホント、身動き一つ取れない位ギューギュー詰めになります😣😣😣

 そんな時、ボクがやっている対応策は、女性が目の前に居たら背を向けるか、それが困難ならば横を向き、両手をつり革か、つり革が付いているポールを掴むようにしています❗

 そうすれば、まず疑われることは皆無でしょう✨✨

 だって、背を向けているのに、どうやって女性の体を触り、あるいは密着させると言うのですか⁉

 勿論、そんな状況でも触ろうと思えば触れるのかも知れませんが、そんな窮屈な体勢で触れば、途端に周りに気付かれるでしょう😅💦

 とにかく、女性の真後ろに自分が正面から立たないと言うことです❗
 
 そうすれば、電車の揺れでボクの“スカイツリー”が触れる心配はないんですから😉(笑)

 大袈裟じゃない⁉そこまでしなくても良くない⁉

 と、思う人も居るかも知れません💦💦

 確かに、大袈裟かも知れませんが、ここまでしておけば痴漢に間違われることは殆どないんですから、それならば実践した方が良いと言うのがボクの考えなのです💡💡💡

 疑われてからでは遅いんです❗

 疑われたら非常に厄介なんです😣😣

 それは、このblogでも再三再四に亘りお伝えして来ました😆✨


 と言うように、最近は直接的な痴漢ではない“新型痴漢”が流行っている⁉、みたいなので、くれぐれも皆さん新型痴漢に間違われないようにしましょう😊😊😊

 
 さて、明日も、最近の話題をお話する予定です✒✒



 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)