日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

主文。原判決を破棄する。被告人は無罪。





人気ブログランキングへ

(大変恐縮ですが、クリックのご協力をお願いします。)


 さて、前回はボクの控訴審を担当した裁判官が、傍聴席に居るボクの存在を認めて、何度もこちらを見ていた話までしましたね。

 そんな中で迎えた、恐喝事件の控訴審判決…。


 しかし、ここでボクはある違和感を覚えます。


 それは…。


 『被告人が出廷して居ない!』


 と、言う状況だったのです。


 これでは、公判が始められないのではないか?、と、思った方も多いかと推測されます。

 しかし、これは全然OK牧場なんです。(笑)


 と、言うのも、実は刑事訴訟法では、「被告人は控訴審に出廷する義務はない。」と定められているんです。

 ですから、控訴審の公判に、被告人自身が「面倒臭いから行きたくない。」と主張すれば、了承されるのです。

 出廷しないからと言って、罰則も何もありません。


 しかし、一審公判は被告人が出廷しないと公判を開廷出来ないので、被告人には出頭義務があります。

 ですので、嫌々でも被告人は出頭しないといけません。

 出廷しないと、罰則があります。(とは言え、たいした罰則ではない。)


 尤も、ボクの感覚では、いくら控訴審が被告人の出頭を義務付けていないからと言って、自らの人生を左右する裁判に出頭しないのは全くもって考えられません。

 どう考えても、自分の眼で公判の推移を見守りたいと思うんですよね。

 トウゼン、ボクは全面的に争っていたので、出頭が義務付けられていなくても、喜んで出廷してました。(笑)

 まっ、十人十色の価値観がありますから、こればっかりは強制出来ませんが…。



 そんな違和感を覚えながら開廷すると、裁判長が、

  『それでは、本日は判決の言い渡しですが被告人は?』

 の問いに対し、弁護人は、

  『被告人は、不出廷です。』

 と言い、裁判長は、

  『分かりました。それでは、控訴審の判決を言い渡します。』

 と、機械的に言い、ボクは心の中で、「どーせ、控訴棄却だろう…。」と、思っていました。


 そして…



  『主文。原判決を破棄する。被告人は無罪。』


 その瞬間、ボクは思わず、「おぉ~!」と、小さい声が無意識に出ていました。

 そうです!そうなんです!

 タイトル通りなんですが、おもいっきり逆転無罪判決をこの目で見た瞬間だったのです!

 いやはや、〝たまげた〟とは、正にこの状況を言うんだなと痛感しました。

 
 因みに、ボクの傍聴人生の中で、無罪判決を観たのは人生初です!

 無罪判決を、〝二度〟受けた経験はあっても、観た経験はありません。(笑)


 この時、506号法廷には、ボク以外に傍聴人は五人位居ましたが、何だかみんなマンガの「カイジ」的に表現すると、〝ざわざわ〟した感じになっていました。(笑)

 その後、裁判長が判決理由の朗読に入り、その最中弁護人二人の内の一人が、判決理由に対して〝そうだそうだ〟と、言わんばかりに何度も首を縦に頷かせていました。

 これは、弁護側の主張が認められた証拠です。

 えっ?何で分かるかって?

 それは、ボクも判決理由の時、同じく何度も何度も首を縦に頷かせていたからです。(笑)  

 だから、ボクはこの弁護人の気持ちがとってもとっても良く分かるのです。(笑)

 ボクも、同じ裁判長から判決理由の朗読を聴いている時、何度も何度も〝そうだよ、そうだよ。その通りだよ!〟と、幾度となく頷きました。(笑)

 きっと、ボクの判決を傍聴に来ていたラッキーな方々は、印象に残っていると思います。(笑)


 一方、〝負けちゃった〟検察官は、何とも言えぬ表情で、判決理由をしきりにメモしていました。

 でも、この検察官(錦織聖)、ある意味非常に〝キセキ〟の人だと思いませんか?

 何故ならたった二ヶ月の間に二度も逆転無罪判決を食らったからです。(笑)


 7月2日には、ボクに逆転無罪でひっくり返され、それから二ヶ月後の9月10日には、この事件で逆転無罪でひっくり返されたんですから。

 こんなにも、短期間に無罪判決を、それも〝逆転〟無罪判決を食らう検察官ないし検察側は、極めて稀有だと思います。(笑)

 って言うか、逆転無罪の当事者から言わせれば、『ざまぁ~みやがれアホ!』と言う快哉を叫ぶ思いです。(笑)


 そして、この逆転無罪判決は、ボクにとって凄く不思議な縁を感じざるを得ないのですが、その理由は次回お話ししたいと思います。


 ー追伸ー

 良かったら、ボクのツイッターも見て下さい!やってる方は、相互フォローしましょう!

 アカウント→@gyakutenmuzai

 https://twitter.com/gyakutenmuzai/