日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

今回の一件で思うこと💨💨💨



 こんばんは⛄⛄

 今日は予報通り雪になりましたね❄⛄

 この時期にしては大変珍しいですが、我々としては受け入れるしかないですね😰😰😰


 さて、今日はここ最近お話してきたジャイアンさんの件で、ボクが強く感じたことを綴ります✒😄

 これまでも、毎回記事の中でボクの見解を述べていましたが、今日はその総集編と言った感じです😆✌

 
 改めて、今回ジャイアンさんがパクられてしまった事は、正に青天の霹靂でした👀‼😲

 と言うのは、ジャイアンさんの場合、スカウトするにしてもホントシンプルなのです✨😃💡

 シンプルと言うのは、声を掛けてみてその女性が全く反応しなかったら一切追わないのです‼

 良く街角で見掛けるような、声を掛けて相手が無反応なのにあ~でもないこ~でもないと言ってつきまとうようなやり方では決してありません😵😵😵

 ですから、声を掛けて何の反応もなかったら、サッと引くので少なくとも相手に不快な思いをさせる事はありません😄😄😄

 
 今回起訴状には、約30メートルに亘りつきまとい、となっていますが、これはあくまでも相手に反応があったからなのです💨💨💨

 その相手と言うのが、池袋警察署が仕込んだ女性警察官だと言うんですから、つくづくタチが悪いですよね😡😡😡

 それも、パクった瞬間にくだらない猿芝居をして、さもジャイアンさんが声を掛けた女性は一般人だと言う風に演じました😒😡💨

 この事実を警察はひた隠しにして、ジャイアンさんが検事調べの際に調書の内容を聞かされた時、自分が声を掛けた際に言った事と違う内容だった為、そこに不自然さを感じて検察官に追求したところ、囮だった事が発覚したのです❗❗❗
 
 ですから、もしジャイアンさんがボーッと取り調べを受けていたら、その不自然さに気付かなかったかも知れないのです😨😨😨

 もし気付かなければ、ジャイアンさんはホントに一般人に声を掛けてパクられたんだと思い込んでしまっていたのです😲😲😲

 これはとても恐ろしい事ですよね😒😒😒

 ホントの真実を知らないまま事件の処理が進んで行くんですから💧💧💧

 そう考えると、世の中に降って湧いて出てくる事件の中には、ホントの真実じゃないものが沢山あるんでしょうね😓😓😓


 そもそも論として、スカウトをパクる必要性はあるのでしょうか⁉

 別に声を掛けて、腕を掴んで無理矢理何処かに連れて行ったり、どこかの北の国のように無理矢理拉致って、やりたくもない仕事に従事させられる何て絶対にありません❗❗❗

 つまり、全て女性本人の同意ないし合意がなければ何も進まないのです💨💨💨

 中にはネットや雑誌の求人なんかよりも、いい情報を持っているスカウトマンも居るでしょう✨✨

 ってか、むしろスカウトのメリットはそこだと思います😄😄

 ですから、スカウトマンにスカウトされて仕事を紹介してもらった人は、全て納得した上で働いているのです💡💡💡

 勿論、“ちょっと時給が安いなぁ”とか“この待遇はなぁ”と思うこともあるでしょう💦💦💦

 でも、最終的に仕事をしていると言うことは、不満はありながらも納得をして仕事をしていると言うことです💡✨

 嫌なら断れば良いだけなんですから💧💧💧

 そうした時、ここにどんな“悪”があるんですか⁉

 どこにどんな“悪”があるんでしょう⁉

 とボクは思うので、スカウト=悪、と言うのは全く違うと思っています👊👊👊


 余談ですが、結構聞く話だと、普通の求人広告に『ガールズバー』だと載っていたので応募したところ、とりあえず面接の運びとなったそうです✨✨

 そこでいざ面接してみると、『今女の子がいっぱいだから系列店の方に行ってくれ』と言われて、その系列店の面接を受けに行ったそうです💦💦

 そうしたら、そこは何とガールズバーではなくピンサロだったのです❗❗❗

 しかしながら、お金が欲しいと言う弱味につけこんで、『とりあえず体験入店でやってみて、嫌なら辞めればいいから』とか上手いことを言われて、ガールズバーに働きに行くつもりが、気付いたら風俗で働いていてなんてマンガみたいな話は沢山あるのが現実です😱😱😱

 
 これは所謂“釣り広告”と言って、真の目的は隠してとりあえず面接に呼んで、そこで本来の目的に口説くと言うやり方なのです‼

 では、この場合悪いのは明らかにお店ですよね⁉

 何故なら、ピンサロに落とし込むのが真の目的なので、ガールズバーなんて嘘だからです❗

 一方で、女性側の視点から見た時に、そのままお店の言いなりになってガールズバーで働くつもりがピンサロで働く事になってしまい、100%被害者かと言ったらボクはそうではないと思っています😃💡

 確かに釣り広告を出すお店が悪いのは間違いないのですが、そこでお店の言いなりになってしまう女の子にも責任の一端はあると思います❗

 何故ならば、嫌ならハッキリと断れば良いからです😡😡😡

 だって、ガールズバーでお酒を作ってカウンター越しに接客するのと、ピンサロのようにお客さんのアソコをフェラーリするのとでは、どう考えても仕事内容に差がありすぎます💨💨💨(笑)

 ですから、女の子も“お酒を作るんじゃなくて、アソコをフェラーリする”違い位分かるでしょう😥😥😥

 だから、単純に嫌なら断れば良いだけなんですよ😠😠😠

 しかしながら、現実にはそのまま流されてピンサロで働いてしまう子がとても多いのです😭😭😭

 しかも、意外や意外長続きしてしまうと言うんですから、とてもとても不思議でなりません💧💧💧

 
 では、何でボクがこの話を持ち出したのか⁉

 それは、スカウトマンはこんな騙し討ちはしないからです‼

 例えば、『キャバクラだよ』と言って、ついて行ったら実は風俗でした、みたいな事は絶対にないですよ😓😓😓

 それをやれば、そのスカウトマンの信用性は一切無くなるからです😒😒😒

 ですから、スカウトマンとしても、騙し討ちをしたところで何のメリットもないので、そんなアホな事をする理由がないのです‼

 そう考えると、スカウトされたお店で働く場合、女の子側が納得していない状態で働く事はあり得ないと言うことになります🏢💼

 なのに、一体どこにスカウトに悪意があると言うのでしょうか⁉

 まっ、中には騙し討ちをするような人も居るかも知れませんが、そういう人は直ぐに消えちゃうでしょうね💦💦💦
 

 
 では、もし今回ボクがジャイアンさんと同じようにパクられてしまったらどうするか⁉

 それは、徹頭徹尾闘いますね❗❗❗

 闘うとはどういう事かと言うと、正式裁判に移行すると言うことです💡💡💡

 前回の記事で、略式命令の最後の方にこんな一文が書いてあったのを覚えていますか⁉


 『この略式命令に対しては、告知を受けた日から14日以内に正式裁判の請求をすることができる。この場合、被告人は、いつでも弁護人を選任することができ、貧困その他の事由で弁護人を選任することができないときは、弁護人の選任を裁判所に請求することができる。』


 そうなんです❗

 実は略式命令(罰金刑)に対して不服がある時は、正式裁判に移行出来るのです😃💡

 これは、通常の裁判で言う控訴みたいなものですね😆

 そういう選択肢を与えておかないと、法の平等が保たれませんからね😓😓😓

 罰金刑に対しては不服申し立て(正式裁判への移行)が出来なくて、正式の裁判では不服申し立て(控訴)が出来ると言うのでは、明らかに不均衡です💨💨💨

 ですので、その辺きちんと救済措置を設けているのです❗


 この場合の争点としては、囮捜査の違法性についてです✨✨
 
 声を掛けたのは間違いない事実だが、警察が囮を使わなければ声は掛けていない、と主張します👊👊

 また、そもそも囮を使って犯意を誘発させる必要があるのか、と言うそもそも論を軸に徹底的に反論、反駁するでしょうね💡😄💡

 勿論、ボクの主張が通るかどうかは全く分かりません😅😵💧

 でも、宝くじと同じで買わないと当たらないのと一緒で、主張しない限りこの主張が通ることはありません😭😥💨

 ですので、ボクはやれるだけの事はやったでしょうね😆😆

 それに、釈放されてから14日以内に通常裁判に移行することを申し立てればいいので、つまりシャバに居ながらにして裁判を闘えるのです😉😉
 
 これはとても素晴らしい事ですよ✌✌✌

 ずっと身柄を拘束されていたボクからすれば、こんなに素敵な事はないと思いますもん💕💕(笑)


 それに、つい最近こんな勇気をもらう判決もありました😆💡


 【埼玉】客引きの大学生、無罪判決 さいたま簡裁、捜査手法を批判
 

 執拗(しつよう)な客引き行為をしたとして埼玉県迷惑行為防止条例違反に問われた男子大学生(22)=さいたま市在住=に対し、さいたま簡裁は17日、無罪(求刑・罰金30万円)を言い渡した。
 瀬尾豊治裁判官は判決で「つきまとった距離や執拗性に犯罪の証明がない」と述べた。

 男子大学生は、2月にさいたま市で居酒屋のアルバイト中、客になりすました男女の警察官に執拗に客引きをしたとして現行犯逮捕された。
 起訴段階では26.5メートルにわたって客引き行為をしたとされたが、大学生はこの距離などを否認していた。

 判決で瀬尾裁判官は「客引きをした距離は、起訴状の半分以下程度までしか認められない」とした。
 また、警察官が「(店に行くか)どうしようかな」「おいしそう」などの会話を大学生としていたことについて「むしろ警察官の方から積極的な応対をしていた」と批判した。

 瀬尾裁判官は判決言い渡し後、大学生に「裁判で嫌な思いをしただろう。就職も決まっているようなので、これからの人生に幸多からんことを祈ります」と語った。

 さいたま地検の葛西敬一・次席検事は「判決内容を精査した上で適切に対処したい」とコメントした。



 と言う事件でした❗❗❗

 この事件、ジャンルは違いますが、ジャイアンさんの件と非常に良く似ていませんか⁉

 つきまとったと言う距離にしても、囮の警察官が積極的にキャッチから言葉を引き出そうとしている点も、実に酷似していますよね💡💡💡

 ホント、『警察検察ざまぁみろバカ❗』と言う快哉を叫ぶ判決でした😆😆😆

 
 また、判決内容や裁判官の言葉からも、こんな事でイチイチ裁判にするんじゃねぇよ、と言う思いが伝わって来ます😌😌

 ボクもつくづくそう思います❗

 勿論、居酒屋のキャッチで余りにもしつこい人は是非パクられた方が良いですけど、そうじゃない人を殊更言葉を引き出させてパクる必要なんて全くないでしょう😡😡😡

 これも何度も言っていますが、例えばジャイアンさんが女の子に執拗に付きまとっていたのを、張り込んでいたデカが現認してパクると言うのなら、全然アリだと思いますしそれこそ社会秩序の安定や治安維持の為だと言えるでしょう😓💨

 しかしながら、今回は上記の大学生の事件と同様、わざわざ囮の警察官を使ってわざとパクらせているんですから、そこに一体何の意味があるんだと言うことです‼

 ハッキリ言って、そうやって見せしめをやったところで、スカウトもキャッチも減りませんよ💡💡

 まっ、ぼったくり居酒屋も結構あるみたいなので、そういうお店のキャッチは消えて欲しいですけどね😡😡😡


 と言うように、改めて自分の周りの人がパクられて、色々と思うところがありました😒😒😒

 ジャイアンさんには、交通事故に遭ったと思うしかないと言いました💧😅😵

 気休めかも知れませんが、実際にそう思わないとやってられませんからね😢😢😢

 
 改めて、この度はジャイアンさんホントにお疲れ様でした😣😣😣

 また、色々と情報を提供して頂きありがとうございました❗

 この場を借りて厚く御礼を申し上げます😌😌😌


 さて、来週は最近の気になった事件についてお話する予定です😆✒

 それでは、皆さん良い週末をお過ごし下さい😉✌



 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)