日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

刑事裁判の現実…。

人気ブログランキングバナー



 (大変恐縮ですが、両方のクリックのご協力をお願いします!)


 今回、当初は何回かに分けて、内柴事件控訴審について綴ろうと思っていたのですが、思いの外当日の詳細を思い出してみると、色々とあって冗長になってしまいました…

 で、今日は内柴事件控訴審初公判の締め括りとして、〝元〟被告人のボクから見た内柴事件控訴審について、つぶやかせてもらおうと思います


 まず、ボクからすると、裁判所が弁護側の証拠調べ請求を全て却下したのは、極めて妥当な気がします

 報道でしか得ていない情報ですが、内柴被告の供述、詰まり〝弁解〟にはかなりの無理があるなと感じました…

 加えて、裁判所としては前提として、

 『被害者が、内柴被告を殊更無実の罪に陥れる為に虚偽の申告をするはずがない。』

 との思いがありますから、尚更内柴被告の供述、弁護側の主張は信用してもらえないのです…

 裁判所のこの前提は、性犯罪に関しては特に顕著なので、余計内柴被告にとっては不利なのです。

 当然、弁護側の戦略としては、頑強に完全否認している以上、被害者や関係人の供述の矛盾を突いて、その信用性を弾劾して反証するしかありません

 しかし、その反証が認められるかどうかは非常に難儀で、以前の記事でも述べたボクの〝裁判格言〟の通り、

 『主張は簡単、結果は難儀。』

 なのが現実です。

 
 それに、そもそも指導者が教え子とセックスする事自体が、極めて非常識で理解に苦しむ行為ですから、仮に合意の上であったとしても大問題でしょう。

 なので、ボクはこういう観点からも、内柴被告の供述の信用性を減殺させている理由の一つでもあると思います。

 裁判所と言う所は、極めて常識的な観点で物事を見ますから、指導者が教え子とセックスするなんてあり得ないと言う前提で判断するので、尚更内柴被告の供述は空疎に聞こえるのでしょう


 しかしながら、一方で前回の記事でも触れた様に、中には内柴事件を冤罪だと信じて疑わない人達も居るのです

 確かに、あのブログを読んだり、初公判の弁護側の控訴趣意書の朗読を聴くと、「確かに、それはおかしいよな。」と、思う所は多々あります

 だから、もしかしたら内柴事件は冤罪なのかも知れません…

 そればかりは、当事者達にしか真実は分かりません…

 これが、刑事裁判のホント恐ろしい所なんですが、

 『無実であっても、無罪になるとは限らない。』

 と言うのが、日本の刑事裁判の現状ですから、もしかしたら内柴事件もこれに当てはまり有罪になってしまったのかも知れません。

 あるいは、ただ単に罪から逃れる為に、嘘を言い張っているだけかも知れません

 世間的には、後者の方が圧倒的多数でしょう。(笑)


 そして、ボクは内柴事件控訴審初公判を傍聴して、つくづく思ったのは、

 『ホント、ボクは運が良かったんだな

 と言う事です

 何故なら、これだけ社会的に注目されている事件でさえ、弁護側の証拠調べ請求を全て却下したからです。

 なのに、社会的に全く騒がれもしなかったボクの事件では、ボクが控訴審で共犯者の再度の証人尋問を請求したら認められたんですから、ホントに裁判官の胸三寸一つで全ては決まるのですから、こればかりは〝運〟としか言いようがありません 

 改めて、刑事裁判と言うのは、一人の人間が国家公務員に人生の方向性を決められてしまうんですから、何とも言い難い恐ろしさがあります…


 内柴事件控訴審は、仮に真実は冤罪であったとしても、裁判上は有罪で1000%控訴棄却です

 おそらく、控訴棄却なら上告するでしょう。

 ですから、刑が確定するまではまだ少し時間が掛かりますが、少なくともボクが言えるのは、

 「上告した所で、判決は変わらないし懲役に行くのを先延ばしにしているだけ。」

 だと言う事です。

 控訴審の判決は、12月11日午後2時半ですが、ボクは多分傍聴に行かないでしょう。(笑)

 もし、気が向いて傍聴に行った時は、キッチリとこの場でご報告をします

 
 さて、今週の木曜日は『平成の毒婦』と言われた連続保険金殺人の『木嶋佳苗』被告の控訴審初公判がありますので、ボクはダメ元で傍聴に行って来るので、その状況は詳しくここでご報告します

 実は、ボクは木嶋被告とは、同じマンションに住んでいて、一度だけ話したことがあるのです
 
 そう言った、諸々を近々お話したいと思います