FC2ブログ

日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

カテゴリー "ぼったくり事件" の記事

ボクの友人が、歌舞伎町でぼったくりに遭いました…(4)

 こんにちは

 今日も雨ですね

 ここのところスッキリしない天気で、しかも台風まで発生していますが、くれぐれも気を付けましょう


 昨日は、例のぼったくり事件から、法律的な観点で考察しました

 特に、民事的な観点から検証してみました

 民法的には、錯誤の主張が一番しっくり、がっちり来ますね

 他の法律は、何だかこじつけ感が否めないですよね


 さて、今日も、この話題について掘り下げます

 今日は、刑法的な観点から考察してみます

 刑法ですから、民法と違い法律違反には、刑事罰という罰則があります

 まず、皆さんは、ぼったくりの被害は、どんな刑法に該当すると思いますか

 例えば、脅しているんだから脅迫罪だとか、事務所に連れて行かれて長時間監禁されたら逮捕監禁罪だとか、様々なケースがありますね


 ぼったくりの場合、その時その時の状況によって、適用法律が変って来ます

 例えば、お客の腕などの体の一部やベルト、着衣をつかむ、引っ張る、という『身体の接触による力学的な作用』(行為)は暴行罪に該当しますし、明らかな暴力は傷害罪に該当します

 また、身体の拘束が一定時間ある場合は、『逮捕罪(or監禁罪)』が成立します

 それから、『脅迫or暴行』によって金銭の支払を要求することは恐喝罪に該当します

 代金を払わない段階でも『恐喝未遂罪』が成立します

 後は、詐欺罪、詐欺未遂罪に該当すると思います

 そして、直接的な法的根拠は、東京都のぼったくり防止条例違反ですね

 この条例には、料金等の表示義務、不当な勧誘等の禁止、不当な取立の禁止、としっかり明示されています



 ですが、迷惑防止条例は、各都道府県の法律なので、ぼったくり防止条例が施行されている所と、されていない所があるのです

 なので、施行されていなければ、そもそもこの条例で摘発する事が出来ません

 それに、ぼったくり防止条例の罰則は、懲役6か月以下か罰金50万円以下で、事実上罰金刑です

 ですから、非常に刑罰としては軽いのが現状です

 
 ただ、現実的には、ぼったくり被害に遭ったからと言って、直ぐに警察が動いてパクってくれるワケではありません

 彼の事件でもそうであったように、〝民事不介入〟を理由に、警察は何もしてくれませんでした

 全く役立たずなんですよね

 警察としても、明らかに暴行されて怪我をしているとか、長時間に亘り監禁されたとか、目に見える被害がない限り積極的には動きません

 警察からすれば、飲食代金が高いというのが一番の理由ですから、そんなのお店と話し合って自分達で解決してよ、と言うのが本音でしょう

 また、思いの外サービスが悪かったとか、綺麗な女の子が付かなかったからその腹いせに喚いているんじゃないの、と思っているかも知れません

 確かに、お酒が入っての事ですから、自分達が想像していたよりも料金が高くなってしまう事もあるでしょう

 しかし、70分4000円が800000円は明らかにおかしいでしょう

 
 それに、これだけ被害があちこちで訴えられているんですから、もっともっと被害申告に対して真摯に向き合って欲しいですよね

 恐らく、同じ店ではないにせよ、毎晩ぼったくりの110番通報があると思います

 ですから、警察としてもぼったくりの認知はしているんですから、お得意の〝民事不介入〟で逃げないで欲しいですよね


 摘発されたお店は、お客に暴行して怪我を負わせたとか、やり方が余りにも悪質な場合であって、それでも氷山の一角に過ぎないでしょう

 結局、いくら被害者がこの罪に該当すると申告したところで、その通り警察が動いてくれるかどうかは、ホント胸三寸一つなのです

 間違いなく、たった一件の被害申告だけでは動かないですね

 そりゃあ、明らかな暴力があったとかなら別でしょうが、ただ単にぼったくられただけでは動かいないでしょう

 同じお店に対して、かなりの件数の被害申告があって初めて、重い腰が上がるのが現状です

 
 加えて、歌舞伎町の管轄は新宿警察署です

 新宿警察署は、誰が見ても忙しいのが容易に分かりますよね

 ただでさえ、どこの警察署も忙しいのに、歌舞伎町を管轄とする新宿警察署は尚更多忙でしょう

 ですから、警察も人数が限られていますから、取り締まるのにも自ずと限界があります

 そう言った事情も相まって、なかなかぼったくり店が無くならないのが現状です


 と言うように、ぼったくりは明らかな法律違反になりますが、被害に遭ったからと言って、直ぐに取り締まるかは全く別問題だという事です


 悲しいかなこれが現実です

 なので、一番はぼったくりに遭わないようにすればイイのです

 そうすれば、無駄な時間やストレスを抱えなくて済みますからね


 さて、明日は、ぼったくりに遭わないためにはどうすればいいのかを考えます

 

 
 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


ボクの友人が、歌舞伎町でぼったくりに遭いました…(3)


 こんにちは

 今日もスッキリしない天気ですね

 新しい一週間、気分を入れ替えて頑張りましょう


 先週は、ボクの友人が新宿のカブッキーで、ぼったくりの被害に遭った経緯をお話ししました

 ホント、お店の手の込んだ作戦にまんまと嵌められてしまいましたね

 まさか、お客を見送る演技までするとは大変恐れ入りました(笑)

 そんなところに頭を使う位なら、正当に営業して売り上げを上げる為に知恵を絞った方がいいと思うんですよね


 さて、今日も、この話題についてお話しします

 今日は、今回のようなぼったくりについて、法律的な観点から掘り下げます

 ぼったくりと一言に言っても、一体どんな法律違反に該当するのか、正確に知らない方も居ると思うので、今日は一緒にお勉強をしましょう


 まずは、民事的な観点からです

 飲食店における飲み食いも「契約」のひとつです

 こうした契約において、所謂ぼったくりの類は、当初の説明を大幅に上回る金額を請求してくるため、錯誤による契約の無効(民法95条)や詐欺又は脅迫による契約の取り消し(民法96条)をしうるケースと言えます

 前者は、簡単にいえば「勘違い」で、結んだ契約は無効であるとするものです

 今回のケースでは、「女性のドリンク代などが加算され、1時間で80万円になるのであれば、そもそも契約をしなかったケースなので無効だ」ということになります
 
 
 後者は、ぼったくり店の対応が威圧的であった為、「やむなく契約を結んだからそれを取り消す」あるいは、「費用が大幅にかかることを隠していた行為が詐欺であり、契約を取り消す」ということになります
 
 事実関係がきちんと立証できれば、訴訟に発展した場合、支払った代金の取り返しは可能であると思われます

 いずれにおいても、契約はそもそも無かったことになりますので、費用を全額取り返しうるものです(そのほかに不当利得返還請求という方法もあり得ます。民法703条、704条参照)

 尤も、、残念ながら弁護士に依頼し、訴訟を提起していくコストを考えれば、費用倒れになる公算が高いのでやるだけ無駄でしょう


 以上のとおり、色々な民法に該当しますが、この中で一番しっくり来る法的根拠は、民法95条の錯誤じゃないでしょうか

 そもそも、1時間で80万円も掛かると聞いていたら行ってないんですからね
 
 彼らはあくまでも、〝70分4000円でサービス料と税金も込み〟と言う条件だったからお店に行った訳で、それ以外の条件なら恐らく行っていなかったでしょう

 勿論、70分4000円が5000円とか6000円の常識的な範囲内であれば別でしょうが、今回の場合は初めに請求された金額は800000円ですから、均等割りしたならば1人130000円になります

 一体、どこの誰が1時間130000円も掛かるキャバクラに行こうと思いますか

 接客したキャストと、必ずベッドの上で〝キックオフ〟出来るのが条件なら別でしょうが、にしてもやっぱり高いですね(笑)

 これだけの金額を払うなら、吉原の超高級泡姫とキックオフしてもお釣りが来ますよ(笑)


 ただ、逆に彼らが1人1時間130000円掛かることを納得してお店に行ったのならば、当然この錯誤は主張出来ません

 何故なら、〝勘違い〟していないからです

 まっ、現実にはあり得ませんが理論上の話として

 錯誤と言うのは、簡単に言えば、ダチョウ倶楽部じゃないですが、〝聞いてないよ~〟と言うのが錯誤です

 今回の場合で言えば、1時間で800000円なんて聞いてないよ~、だから契約は無効ね、という事です

 ですから、そもそも飲食の契約自体が無効なモノなんですから、彼らは支払う必要なんて全くなかったのです

 
 だからボクは、電話が架かって来た時に、〝絶対に払わなくていいから〟と言ったのです

 錯誤の点を電話越しで伝えても良かったのですが、バタバタした状況で伝えても伝わり切らないし、仮にその点をお店側に言ってたとしても、あ~だこ~だと言って引かないのは目に見えていました

 なのでボクは、端的に結論だけを伝えたのです


 しかし、彼らは全く支払う必要のないお金を支払ってしまいました…

 では、前記の民法の法的根拠を理由に、お金を取り戻せるのでしょうか

 結論から言うと、まず無理ですね

 先程は、支払った代金の取り返しは可能だと書きましたが、あくまでもそれは〝理論上〟の話です

 〝事実上〟は、例えお店側が敗訴したとしても、判決どおりに実行するはずがないからです

 確かに、裁判をすれば勝訴するでしょう

 でも、目的は裁判で勝つ事ではなく、お金を取り戻す事です

 判決どおりに実行するようなまともなお店なら、初めからぼったくりなんてしないでしょう(笑)

 そういう意味から、お金を取り戻すことは不可能だと言ったのです

 尤も、彼らを含めたぼったくりの被害者が、後々裁判を起こすことはまずないでしょうね

 これをお店側も分かっているからこそ、超強気で来るんですよね

 つくづく厄介な話です

 
 と言うように、種々の法的根拠から、ぼったくり店の支払いはしなくても大丈夫です

 とにかく、間違ってぼったくり店に行ってしまったとしても、法外な請求には一切応じる必要はありませんからね

 断固とした姿勢で挑みましょう


 
 さて、一先ず今日はこの辺にして、明日はぼったくりを刑法の観点から考察して行く予定です



 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


ボクの友人が、歌舞伎町でぼったくりに遭いました…(2)


 こんにちは

 相変わらずスッキリしない天気ですね

 今週最後の金曜日、張り切って行きましょう


 昨日は、ボクの友人が、新宿歌舞伎町でぼったくりの被害に遭ったお話でした

 突然の電話にビックリしながら、その内容を聞いてダブルでビックリでした

 とにかく、逼迫した状況だった事は電話越しに伝わって来たので、努めて冷静に対応するように言いました

 タイミング良く、ボクが歌舞伎町に居たら直ぐに駆け付けたのですがね


 さて、今日は、その後どうなったのかをお話しします

 突然の電話の後、彼からの着信はありませんでした

 ボクから架けても良かったのですが、バタバタしているところに架けるのも申し訳ないと思い架けなかったのです

 ボクとしては、電話がないという事は、無事に解決した証拠だろうと思っていました


 そして、日を改めてその後どうなったのかを訊きました

 
 青→ボク 黒→友人


 『先日のぼったくりは、あれからどうなったの

 『その節はどうも。いや~参りましたよね。』

 『えっもしかして請求額を支払ったの

 『いや、そうじゃないんですけど、結局40万で話をつけました。』

 『えっ40万円も払ったのってことは、一人約7万円

 『そうです。』


 な、な、な、な、何と彼らは、80万円の請求額の半分に当たる40万円を支払ったというのです

 ホント、とんでもないですよね

 80万円が40万円に50%オフになっちゃうんですから、どんだけいい加減な金額かが分かります

 話は続きます


 『経緯はどんな感じだったの

 『11時頃、コマ劇場の前辺りでキャッチのお兄さんに声を掛けられて、70分4000円で税金とサービス料込みだって言うので行ったんですよ。お店自体は、普通のキャバクラだったんですが、一時間後伝票見てビックリで。』

 『それが80万円だったと

 『はい。当然なんだそれってなって、ボーイに詰め寄ったのですが、キャッチなんて知らない。店の入り口に料金表を掲示してある、と。』

 『実際に掲示してあったの

 『確かにあったんですが、光を当てて見えづらくしてあって、事前の説明も一切なかったです。』

 『なるほど。それからどうしたの

 『警察に電話して直ぐに来てもらって、ぼったくりだと言ったんですが、民事不介入だから弁護士呼んでの一点張りだったんですよ。で、もうこれ以上埒が明かないから、一緒に行った友人が40万円で話をつけたんです。』

 『うわ~、マジか。別に払う必要なんてないのに。払ったのは、やはり家族持ちが居て、訴えられた時に何かと面倒だから

 『いや、それはなくって、このまま文句を言い続けても埒が明かないし、向こうの態度を見ていると訴えてもいいような感じだったので、それならこんなバカげた交渉はとっとと終わらせて家に帰ろう、と言うのが正直なところですね。』
 

 と言うような経緯だったそうです

 ぼったくり店の特徴なのですが、敢えて分かりづらい所に料金表を掲示して、事前説明はしてあると言う主張なのです

 当然、料金の事前説明なんてあるわけがありません

 何故なら、バカ高い料金を聞いたら、その時点でみんな帰ってしまうからです

 
 また、渋々支払いに応じたのは、ボクの友人が既婚者だったので、万が一ホントに訴えられた場合、奥さんにキャバクラに行った事が発覚したらまずいからだと思ったのですが、どうやら違ったようです

 だって、キャバクラに行ったのを奥さんが知って、喜んでもらえる訳がありませんからね(笑)

 むしろ、喧嘩の火種を持ち込むようなものでしょう

 この点も、お店側としてはお金を支払わせる為の〝弱み〟になるんですがね

 話は続きます


 『そういえば、入店する時に、男性客が一人女性に見送られて店から出て来たんですが、今思えばあれは我々を安心させる為の芝居でしょうね。』

 『へぇ。そうなんだ。それは間違いないね。ぼったくられてるのに、気持ちよく見送られる訳がないからね。』

 『それと、キャッチのお兄さんは、お店の前まで案内し、ボーイに引き継ぐことなくそそくさと居なくなりましたね。キャッチのお兄さんの電話番号を聞き出して、その後架けましたが全く出ませんでした。』

 『間違いなくグルだからね。』

 『因みに、同じ店で前日に2人で30万円請求された外国人も、我々と同じく警察を呼んだみたいですが、全く相手にされませんでした。』

 『そうなんだ。因みに、何ていうお店なの

 『〝PARVATI〟というお店です。』


 以上が、事の顛末だそうです

 実に手が込んでますね

 入店する際に、わざわざ見送りの芝居をするなんて、相当な手練手管を駆使してますよね

 そんな芝居をするなんて、一体どこの劇団だよって話です(笑)


 こうしてみると、お店側もお客が文句を言ってくるのは当然ながら分かっていて、それでも全然構わないという感じですよね

 尤も、ぼったくり店なんですから、お会計の度にこうなるんでしょうから慣れたものです

 何なら、ホントに訴えてもいいんだぞ、と言う姿勢で来ます

 ボクは、独身で家庭はありませんから、何の負い目もないのでどうぞ訴えて下さいって話ですが、他の人達はそうもいかないんですよね

 中には、家庭を持っている人が居ますから、その人達にとっては、例え民事裁判とはいえ訴えられるなんて非常にマズイ訳です

 この弱みに付け込むのも、ぼったくりの手口ならではなんですよね

 誰だって、訴えられるなんて事は避けたいですからね

 まっ、ボクは裁判大好きなので全然構わないんですがね(笑)


 結局、彼らは請求額の半分である40万円もの大金を支払ってしまいました

 たったの一時間で、一人7万円ですよ

 ザギンの超高級クラブならまだしも、歌舞伎町のコマ劇前でキャッチされ、40分7000円と言われたのにも拘らず

 言われた金額の10倍も支払ったんですから、お店としてはかなりぼろ儲けでしょう

 中には、バカな人も居て、請求額とおり支払ってしまう人も居るでしょうから、ぼろい商売ですよね

 とはいえ、これは立派な犯罪ですかからね


 皆さん、くれぐれも歌舞伎町にある〝PARVATI〟と言うお店には気を付けましょう


 さて、来週は、法律的な観点から、ぼったくりを考察して行く予定です

 それでは、皆さん良い週末を
 


 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


ボクの友人が、歌舞伎町でぼったくりに遭いました…(1)

 こんにちは

 今日は、9月らしい陽気ですね

 ボクとしては、もっともっと晴れて欲しいですね


 昨日は、毎月恒例のテーマをお話ししました

 毎月毎月、2日を基準として、〝あの日〟を振り返るのは、ボクにっては大変貴重な戒めです

 やはり、シャバでの時間が長くなると(これが当たり前なんですが)、ついついそのありがたみが薄れて来てしまうので、そこで一歩立ち止まる事は、〝当たり前ではなくありがたい〟と初心に帰れるのです

 この思いは、今後も決して忘れてはいけないと思っています


 さて、今日は、ちょっと前のお話なんですが、ボクの友人に降りかかった災難についてお話しします

 結論から言うと、タイトルにある通り、ボクの友人が歌舞伎町でぼったくりの被害に遭いました

 ここ最近はそうでもないですが、ちょっと前はマスコミでも結構取り上げられていましたよね

 その一例を挙げます


 「全部こみで4千円」→ホステスらドリンク172杯…請求266万円 歌舞伎町のぼったくりキャバクラ摘発 警視庁

 乱暴な言動で料金を請求したなどとして、警視庁は東京都ぼったくり防止条例違反容疑で、新宿区歌舞伎町のキャバクラ6店舗の経営者ら11人を逮捕した。

 逮捕されたのは「Hasta La Vista」経営、並木健斗容疑者(21)=同区新宿=ら。警視庁保安課によると、全員容疑を否認している。

 並木容疑者の逮捕容疑は昨年12月13日、客9人に対し「全部こみこみで4千円」と勧誘した後、「このままじゃいつまでたっても終わらねーぞ。払えば楽になるんだよ」などと威圧し、ホステスらが飲んだ計172杯のドリンク代など計約266万円を請求したとしている。

 また警視庁は都迷惑防止条例違反容疑で客引き17人を現行犯逮捕した。

 歌舞伎町では今年1~5月末、ぼったくり被害に関する通報が計約1350件あり、警視庁が対策を強化している。



 歌舞伎町ぼったくり店摘発 3時間で110万円請求、念書も書かせる? 強要容疑適用

 乱暴な言動で110万円を請求した上、不足分の支払いを約束する念書を書かせたなどとして、警視庁保安課は、強要と東京都ぼったくり条例違反容疑で、新宿区歌舞伎町10+ 件のキャバクラ「レ・デニィエ・アモー」従業員、抱(かかえ)久義容疑者(28)ら男女4人を逮捕した。同課によると全員容疑を否認している。

 同課によると、料金請求時に逃げないよう客の行動を監視した上、態度が特に威圧的だったなどとして、ぼったくり店では同庁で初めて強要容疑を適用した。
 同店は1~5月末でぼったくり被害の通報が48件あった。

 逮捕容疑は3月7日、男性客2人に「1時間5千円」と話しながら約3時間で約110万円を請求。
 客が約35万円を支払ったが「足りねえ分どうするんだ」などと威圧しながら不足分を支払う念書を書かせたとしている。



 と言うように、とんでもない金額のぼったくり事件が発生しています

 中には、お金の支払いを渋るお客を、従業員がボコボコにする傷害事件まで発生しているので、こういうアホやお店は徹底的に取り締まって欲しいですね

 勿論、警察もこのまま静観しているわけではなく、それなりに摘発には動いているみたいですが、壊滅、全滅には至っていないようです

 
 相変わらず、歌舞伎町を歩くと、ある種大名行列かのように様々な客引きが居ます

 警察が、迷惑防止条例でパクったとしても、所詮は罰金刑で済むので、また出てくれば客引きをしますし、相当数な客引きが居ますから、その全員をパクることはまず不可能です

 因みに、ボクは歌舞伎町を歩いていても、客引きに全く声を掛けられません

 一体何故でしょうか(笑)

 まっ、単なる客引きなら、お互い条件が合って納得がいけば利用すればいいと思いますが、問題は客引きが話していた内容と違っていた場合です

 特に、前記のような事件の場合です

 ボクの友人も、まさしく前記のような状況に遭ってしまったのです…


 時計の針は、今年の3月に遡ります

 この日は、ボクはナイターでサッカーがあり、終わった後チームメイトとすき屋の牛チゲ鍋定食を食べていました

 あれ美味しかったなぁ~、今年の冬もやって欲しいですね(笑)

 で、ボクが牛チゲ鍋定食をパクパクしていると、突然スマホが鳴りました

 画面を見ると、実に珍しい人間からの着信でした

 この友人は、サッカー繋がりの一人なのですが、普段はメールかLINEでのやり取りのみなので、電話なんて殆どしません

 現代って、こういう付き合いが多いですよね、良いとか悪いとかではなく

 そんな彼からの着信だったので、一体どうしたのだろうと不思議に思いながらスマホを耳に当てると、

 『ウッチーさん、突然電話しちゃってすいません。緊急なんですが今大丈夫ですか

 と言うので、

 『全然大丈夫だよ。』 

 と答えると、彼は一気にしゃべり始めました


 (ボク→青 友人→黒)


 『あのですね。友達6人と歌舞伎町で飲んでいて、客引きのお兄さんから70分4000円で税込みサービス料込だって言うから行ったんですよ。そしたら、一時間後に会計すると、80万円だって言うんですよ。こういう場合どうすれば良いですか

 『あらま。ふざけてるね。とりあえず警察は呼んだの

 『はい。呼びました。でも民事不介入だからって言って全然埒が明かないんですよ。』

 『やっぱりね。警察はこっちがなんとかして欲しい時には全然使えないから。とりあえず、そんなお金は払う必要はないから、客引きに言われた金額だけ払いなよ。それも払わないとなると、無銭飲食って言われかねないからさ。』 

 『はい。』

 『とにかく、奴らはあ~でもないこ~でもないと言って、何とかお金を払わせようとしてくるけど、絶対に払っちゃダメだよ。そもそもそんなお金は払う必要はないんだから。だって、70分で80万円って言われてお店に行った訳ではないんでしょう

 『はい。』

 『なら、尚更払う必要なんてないから、絶対に払っちゃダメだよ。とにかく、開き直っちゃえばいいから。』

 『分かりました。』

 『とりあえず、それでも埒が明かなかったらまた電話して。』

 『分かりました。』
 

 と言って電話を切りました

 ボクは、サッカー絡みの事だと思っていたので、まさかこんな内容だとは思わずビックリしました

 とにかくボクは、開き直ることをアドバイスしました

 だって、どこの誰が、70分で80万円するキャバクラに行こうと思いますか

 アラブの石油王ならともかく、ごくごく普通の社会人が聞いて、一体誰が足を運びますか

 なのに、たったの一時間居ただけで、そんなバカげた金額を請求してくる方がアホなんですから、アホにはアホで対応すればいいんですよ

 勿論、超高級ボトルを入れたとかなら別ですが、彼らはあくまでもハウスボトルで飲んでいたそうです

 ですから、どう考えたって80万円なんて金額にはならないのです

 だからボクは、そんなお金は払う必要は一切ない、と言ったのです

 まっ、一応客引きに言われた金額は支払わないと、無銭飲食になってしまうのでダメですが、支払うと言ってもあくまでもその金額だけでいいと言いました


 では、その後彼はどうなったのでしょうか

 ボクのアドバイス通り、開き直ってお店を出て来たのでしょうか

 それとも、80万円を支払ったのでしょうか


 この続きは、明日お話しする予定です



 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)